【体験談】動画配信サービス(VOD)メリット・デメリット

動画配信サービスのメリット&デメリット

動画配信サービスは、非常に便利です。スマホで簡単に映画やドラマ・アニメなどを視聴できるため、ベットの上で一度観てしまうと夢中になりベットから離れられません。

それくら中毒性がやばいサービスなんです。ほんと、世の中は便利になりまくりですわ。

さて、そんな動画配信サービスを利用してきた中で見つけた5つのメリットと3つのデメリットをお伝えしていきます。動画配信サービスに対する想いをぶちまけます。

  • 動画配信サービスを使うメリットって何?
  • 使ってみたいけど、登録しても後悔しない?
  • 良い事だけではなく、ダメな点やマイナス面も知りたい

こんな想いを抱いているかたは、是非とも一読ください。きっと参考になると思います。

関連記事 今更聞けない!動画配信サービス(VOD)とは?

動画配信サービスの3つのデメリット

動画配信サービスのデメリット

動画配信サービスに良いイメージを持っている方には大変恐縮なのですが、まず初めに”デメリット”をお伝えします。

今、動画配信サービスに対し良いイメージがあると思いますが一度リセットしましょう。コインの裏表のように、必ずデメリットは存在します。

ビデオン
世の中には完璧はないよね。動画配信サービスだってマイナス面があるから使う前に覚えておこう!

自宅にWi-Fi環境がないと使えない。キャリア通信で視聴したら速攻制限

動画配信サービス,wi-fi,通信制限,視聴できない

自宅にWi-Fi環境がなければ、動画配信サービスを思う存分楽しむことは難しいです。

なぜなら、動画を扱うわけですから通信量がインターネット閲覧時よりも消費してしまい、キャリア通信だとすぐに通信制限にかかってしまうからです。

通信制限にかかってしまうと、日常のインターネットサーフィンにもストレスを感じてしまいます。だから、そうならないためにもWi-Fi環境での視聴をおすすめしています。

ビデオン
通信制限はマジで苦痛以外の何者でもないですからね。ちょっとした調べごとでもイラっとしてしまいますよね

自宅にWi-Fi環境がない人の抜け道は「カフェ」

Wi-Fi環境がなくても使いたい!と思う方もいるでしょう。そんな方は、スタバなどWi-Fiが繋がっているカフェへいきましょう。

そこで、ダウンロード可能の動画配信サービスを使い、ダウンロードして自宅で楽しむという方法がベストです。

そうすれば、キャリア通信を使うこともないので通信量を節約することができます。

関連記事 動画配信サービスの配信作品は録画できない!ダウンロード機能を代替にしよう!

最新作はPPV(個別課金)しなければ観られない

月額定額料金を支払い、様々な作品が視聴できたとしても、最新作は個別課金(PPV)あるいはサービス内のポイントで支払う方法でしか視聴できません。

「動画配信サービスで映画みられるんだ!やった!」と最新作も観られると思い込み、いざ登録してみるとみられず絶望してしまう方もいます。

そのため、基本的に最新作は”観られない”と思った方がいいですね。個人的には、もっと最新作を見放題対象にしてほしいんですがね…。

録画やダビングができない

動画配信サービスもサブスクリプションの1つです。月額料金を支払い配信されている作品だけが視聴できます。

だから、「この映画おもしろい!いつでも観られるように録画したい!」と思っても残念ながらできません。

基本的に”保存”を行うことは不可能です。

しかし、インターネットで検索をすると「録画できますよ!」と紹介するサイトがあります。

これは、明らかに動画配信サービスの規約違反になりますので行わないようにしましょう。

動画配信サービスの5つのメリット

動画配信サービスのメリット

さて、お待ちかねのメリットです。数多くの動画配信サービスを利用してきて、強烈なストロングポイントを感じた部分のみを列挙します。

どれも、あなたにベストの項目だと思いますので、登録前の方は興味が増幅します。

レンタルビデオショップを行かなくていい。時間効率が最高

これが最大のポイントですね。レンタルビデオショップへ行く返す。この行動が無くなったことにより、時間を節約することができました。

時間は、この世でもっとも希少価値が高いものです。赤ちゃんから老人、お金持ちから貧乏まで平等に24時間しか与えられません。

ビル・ゲイツだって1分も購入することができない概念です。それを短縮できる動画配信サービスは最高のメリット

意外と月額料金が安い

動画配信サービスって名前を聞くと高いイメージがありますが、そんなことは決してありません。

例えば、Amazonプライムビデオは月額300円程度で利用できます(年会費3900円を支払わなければならない)

dTVは月額540円ですし、ビデオパスは607円、一番高いU-NEXTは2,149円です。

バカみたいに高い金額ではなく、比較的ローコストでたくさんのコンテンツが見放題になるのは嬉しいことですね。

観たい作品がたくさんあるから夢中になれる

各見放題の動画配信サービスは、1,000作品以上のコンテンツが配信されています。中には10,000を超えるサービスまであります。

だから、数が豊富すぎて夢中になれます。何回・何個視聴しても定額だから、お金なんて気にしなくても全然OK。

映画やドラマなど大好きな方は、虜になること間違いないでしょう。

家族みんなで楽しめる。子供も喜ぶ

動画配信サービスの中には、キッズアニメがありますので子供にみせてもよし。お父さん・お母さんはドラマを楽しむのもよし。

家族みんなで楽しむことができるような仕組みが増えてきています。

例えばU-NEXTは、月額2,149円と高めの設定ですが同時に4人バラバラのスマホやタブレットあるいはパソコンで視聴ができます。

これを同時視聴というのですが、家族4人で使う場合は効果てきめんですよ。1人あたり400円程度で豊富なラインナップが見放題ですからね。

長距離移動など移動時間の暇つぶしにもってこい

ダウンロード可能の動画配信サービスであれば、お出かけ前にスマホ・タブレットにダウンロードしておけば車中や新幹線の中で動画を楽しめます。

移動時間の暇つぶしとしても動画配信サービスは大活躍間違いなしですので、長距離移動をされる際は是非とも活用して欲しいです。

私の場合ですが、実家まで車で片道3時間ほどです。その車中でタブレット&動画配信サービスを利用し映画を楽しんでいます。

今となっては、最高のひと時ですね。

さぁ、無料お試し期間から始めてみよう!

動画配信サービスには何日間か無料期間が設けられています。長いものですと31日間もあります。

この無料お試し期間を活用しないわけがないです。この期間中に…

  • 自分に合うサービスか?
  • 視聴したいと思う作品はたくさんあるか?
  • 月額料金に見合っているか?

などなど、調べ尽くして継続利用するか検討しましょう!必ず、便利なサービスとして活躍してくれること間違いありません。

-基礎知識

Copyright© VOD Hunting , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.